オタク、stillichimiya聞いたほうがいいよ

 

Stillichimiyaの復活ライブが全然TLで話題にならなかったので書きました。

 

 

stillichimiyaが今週末 2018年6月2日に復活する。

本当に生き様が少年ジャンプ。ガチ恋のファンとか全然出る。超好き。 

 

 

日本語クラシックの「やべー勢いですげー盛り上がる」や

メンバー田我流の圧倒的な名曲「ゆれる」

ラップバトルから端を発したHIP HOPの流行で、バトルのBGMや高校生ラップ選手権の敗者インタビューの際にBGMで流れたりと、広い世代にも知られるようになったstillichimiya

 

なのに、シューゲイザーやらインディやらの割りとナードな界隈が多めのTLでは

まったくこの復活祭が話題になってなくて悲しい

 

曲もいい

キャラクターもいい

ストーリーもいい

全方位で好きになる要素しかない

今こそみんなstillichimiyaを聞くべきだ

 

 

 

www.youtube.com

 

順番に説明していくけれど、詳しい説明については公式HPにたっぷりと書いてあるので、参照して欲しい

 

 

1.ストーリーがカッコいい

stillichimiyaは現在、田我流、MMM、Mr.麿、Big Ben、Young-Gの5名からなるHIP HOPグループ

 

山梨県 一宮町に住む若者たちが、合併により町の名前がなくなってしまうことに反対するためにラップを始めたってのが週刊少年ジャンプみたいでもうかっこいい

メンバーを集めるためにNYまで行って仲間を集めてくる件はもう本当にカンフーサッカーかよって感じでヤラれちゃう

グループ名の「stillichimiya」も「まだ俺達は一宮だ!」って町への想いを体現しててもう本当に熱い...

その一連の流れがメンバーのBig Benさんによって漫画化してるので、読んでみてほしい

 

http://stillichimiya.com/Ichinomiya.html

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴のあるメンバー

Big Ben

www.youtube.com

 

stillichimiyaの屋台骨 Big Benさんのソロ曲「いったりきたりブルース」

冒頭の一節「悲しみよりもカツオの刺し身 たまには油っこくファミチキ

なんなんだこれは、なぜか哀愁漂いサラリーマン川柳のようなキレもあると驚かされる。

USのフロウやネットラップ出身ラッパーの超絶フロウからは遠く距離を置いた

朴訥と紡がれる滋味あふれる言葉たちの力強さと情けなさといったらもうたまらない

 

stillichimiyaの公式ショップ BIG FLATの店長でもあるBig Benさん

クラシックギター一本手にして、ソロ曲だけでなくオールディーズのカバーの弾き語りライブも山梨県内だけではなく都内でも行ったりと、一番みんなが気軽に見に行ける方かも

 

 

 

Mr.麿

www.youtube.com

stillichimiyaの美輪明宏

stillichimiyaの歌い上げ担当、フリースタイルダンジョンで般若を狙うゴルゴ13役でもおなじみ

MMMさんと2人でスタジオ石名義で映像制作を担当。

たくさんのアーティストや映画のカメラマンとしても参加。

アルバム「死んだらどうなる」内の一曲「めっちゃええやん」では、

フラワーカンパニーズの代表曲「深夜高速」の一節を引用したロック大好きキッズに刺さりまくるラップをしたりと、ラップから縁遠いインディリスナーにもグサグサと刺さる歌詞を書く方...好き...

 

テレビ曲のADを辞めて、 ユーラシア大陸を横断したブログもめっちゃくちゃ面白いし、旅の経験を活かしての中国語でのラップもハチャメチャにかっこいいし、歌も最高だしほんとに...好き...

 

 

 

 

 

MMM

www.youtube.com

 Mr.麿さんとともに映像制作ユニット スタジオ石で活動するMMMさん

「やべー勢いですげー盛り上がる」だと最初から2番目のバースで登場。

1:48秒あたりからの低い声を活かした粘っこくて心地よいフローはもう最高。

頭一つ抜けるくらい歌詞の構成力が高くて、アルバム「死んだらどうなる」内の一曲「めっちゃええやん」での冒頭

「目覚めが悪い 夢の終わり 今日の始まり時計の針は周り

日割りで動く多くの人達 未だ俺は寝てたいよ 痛い 太陽の光り」や、

Mr.麿さんとyoung Gさんとのユニット EXPOでのカップラーメンを絡めた件など

 

美術大学出身で、公式HPやグッズでもメンバーを著名な画家のタッチで書いたグッズなどたくさんの活動をしているお方。大好き!AB TV!

 

 

 

Young-G

www.youtube.com

 stillichimiyaの楽曲的リーダー

レコーディングやらミキシングやらプロデューサーやら音楽的ブレイン

ラッパーとしてもちょっと異常なくらい聞きやすい脚韻の数々、他のアーティストへのリミックスやプロデュース

フィリピンのラッパーとのコラボやタイでの1年潜伏などアジアを股にかけて活躍するすごい人。

DICK TIMEのチョーキーさんと似ている...

 

 

田我流

www.youtube.com

 

stillichimiyaの圧倒的エース

stillichimiyaを知らなくても「ゆれる」を知ってる人はめっちゃ多いハズ。

リリカルな言葉と自然体で溢れてくるようなフロウが最強

バカな曲から聞かせる曲まで異常なまでの振り幅で本当に好き...

語彙がなくなるくらい好きなので好きしか言えない...好き...

 

 

とにかく楽しそう!

映像からグッズから何から何まで自分たちでやっちゃうstillichimiya

その中でも音楽とは関係なく、大好きな地元を紹介する動画シリーズ

「うぇるかむとぅやまなし」や

 

www.youtube.com

 

 

 

水曜スペシャル藤岡弘探検隊」を思わせる「一宮特殊捜査隊」

 

www.youtube.com

 

 

ベトナム帰りの元軍人 DJ DICKが仲間たちとワチャワチャしている

「DICK TIME」などユーチューバーが流行りだすずいぶんと昔からオリジナルの映像作品をいくつもアップしている。

www.youtube.com

 

どの動画を見ても共通してるのは「友達となんかめちゃくちゃ楽しそうにしてる」というどうにもならないくらい羨ましい映像ばかり

地方のローカル番組から爆発的ヒットをするものがいくつも出てきているけれど、

そのすべてに共通しているのは「友達と遊んでいるかのような疑似体験」が

根っこにあると思うので、stillichimiyaの動画作品もそんなヒット番組に負けないくらいのとてつもない魅力がある。

 

 

 

曲がいい

グループのストーリー性が強い

各メンバーの個性が強い

音楽以外でも楽しめる

と、推しポイントを書いてきたけれども、

最後に書きたいのはもうとんでもなく当たり前だけど「曲がいい」につきる。

 

www.youtube.com

 

MVやライブ映像で聞ける曲数は限られているので、ぜひとも音源を買って欲しい

本当に良いから...聞いて...マジで...